小学生の算数がよく身につく勉強方法

算数の勉強

【経験より】小学生の算数がよく身につく勉強方法

更新日:

小学生算数がよく身につく勉強方法をお伝えします。

いま小学生の子供がいて算数専用教材”RISU算数”を使って勉強をさせていますが、もし興味があれば最後にRISU算数のホームページをご案内しています。

ここでは実際に私の経験をもとに、次のような方におすすめの内容となっています。

小学生の算数におすすめの勉強方法が知りたい。

小学生の算数がよく身につく勉強方法①体や感覚で覚えさせる

小学生の算数がよく身につく勉強方法①体や感覚で覚えさせる

小学生の算数がよく身につく勉強方法でまず考えたいのが「感覚に訴えかける」ということです。

具体的な私の事例を用いながらお話ししていきます。

一見は百聞に如かず

小学生の算数がよく身につく勉強方法で一番良いのは、まず「丸暗記でなく実際に目で見て理解すること」です。

例えば足し算についてですが、黒板に数字を書いて「1+1は?」と言っても簡単な足し算であればできても、数字が大きくなってくると途端に正答率が低くなる場合があります。

私も昔は例に漏れず、数字が低めの足し算は教科書を丸暗記でなんとか対応していました。

小学生 算数 勉強方法

しかし教科書に載っていない計算問題など、数字が大きくなると途端にダメでした。

九九についても丸暗記で対応しようとしましたが、覚える段が多くてなかなかみんなに付いていけずで大変でした。

しかし実際に1+1について”消しゴム”を用意して、消しゴム1つにもう1つの消しゴムを足すと‥といった具合に、実際にやってみることで合計値を理解できました。

小学生 算数 勉強方法

また掛け算についても、鉛筆などで「1組2本の鉛筆が9組あったら…2×9は18!」という風に実際やることで、頭で理解できるので忘れないし九九の暗記も無事クリアすることができました。

したがって私の子供にも同じようにして算数を教えています。

自分が理解しやすかったのは、理屈よりも感覚で理解することだったので子供にも実践しています。

小学生の算数は基礎を積み上げるための大事なものばかりなので、丸暗記でなく頭で理解する勉強方法が本当に大事です。

ゲームによって本質を引き出す

次に小学生の算数で良い勉強方法は「ゲーム感覚で楽しんでやること」です。

私の小学一年生のときの先生が本当に子供が好きな先生で、夏休みも3日間夏季学習という形で勉強会を開いてくれました。

ただ勉強会といっても全く堅苦しいものではなく、謎解きゲーム感覚で問題を解いたらその答えのある場所に行って、また問題を解いていくというような内容をチーム制で行っていました。

小学生 算数 勉強方法

そして最終的に問題を全てクリアしてゴールできたら、ご褒美にお菓子やヤクルトなどがもらえました。

チーム制でやることのメリットはみんなで考えるのでちょっと難しい問題でも投げ出せずに取り組めることにあります。

 

また、私自身がずっと机に座って問題を解いていると飽きてしまって正答率が下がってしまったり、問題がなかなか解けなかったり解くスピードがかなり遅くなってしまっていました。

しかしゲームにすると他のチームには負けたくないという気持ちから、早く解こうとスピード力が身につきますし、間違えたらスタートから戻らなきゃいけないペナルティもあったため間違えたくない思いから正答率も上がりました。

小学生 算数 勉強方法

何より次の問題の設置場所へ行くという移動も加わっていたので、落ち着かずに集中できないという状態にならなかったのです。

ゲーム感覚でやったため「算数が楽しい!」となりました。

こういう経験があったからこそ算数が好きになったと思いますし、中学のテストで数人しか取れなかった100点を取れた1人になれたんだと思います。

これも私の子供に算数を教える方法の1つかなと思います。

RISU算数にはこの感覚もあったことで子供の家庭学習に取り入れています。

小学生が理解しやすい算数の教え方
【やってわかった】小学生が理解しやすい算数の教え方

小学生がわかりやすい算数の教え方についてお伝えします。 ウチも家庭学習で算数を教えて苦労していましたが、今ではタブレット学習”RISU算数”を使ってわかりやすく理解しやすい勉強方法を実践しています。 ...

続きを見る

小学生の算数がよく身につく勉強方法②視点と根拠について考える

小学生の算数がよく身につく勉強方法②視点と根拠について考える

小学生の算数がよく身につく勉強方法として、今度は少し違った観点から考えてみます。

視点を変えること、根拠を見つめ直すことについてお話しします。

国語の勉強をする

「いや、算数の勉強法だよ」と思うかもしれませんが、これはとても需要です。

何故なら問題文を理解できなければ、正しい解を導き出せないからです。

小学生 算数 勉強方法

例えば「往復30分の道を一週間通った場合にかかった時間」を求める問題があるとすれば、このときに“往復”を“片道”と勘違いすると、正解の倍の時間を算出することになります。

このように、問題の意味が分からなければ問題を解くことさえままなりません。

問題をよく読み意味を理解する“読解力”を見につけること、これは算数以外にも共通して使え強力なアドバンテージとなるので、鍛えておいて損はしない勉強方法といえます。

できるところまで戻る

小学生の算数に限らず、新たなことを覚えるのは大変です。

そのときに一気にすべてを理解するのはなかなか難しいので、ゆっくりと確認しながら勉強することがとても大切です。

小学生 算数 勉強方法

焦って解らないまま先に進んでも必ずどこかでつまずきます。

問題を解く中で自分がどこで間違うのか理解できてない箇所を見つけ、そこができるように一つひとつクリアしていくことで確実に力が付きます。

解らないところをわからないままにしない、これもとても大切な勉強方法の一つです。

計算の因果関係を理解する

小学生の算数の問題のほとんどは、ほぼ同じ説き方で答えを出します。

その公式や解く手順は繰り返し問題を解くことで身につきますが、そのなかで大切なのは「なぜこの手順でこうなったのか」の因果関係を理解することです。

小学生 算数 勉強方法

これは類似問題を解き続けることで自然と身について行き、1つ2つのキッカケと関係性・法則性に気づけばほとんどの問題に応用できるようになります。

またどうしても解らないなら同じ問題を解き続けたり、回答と見比べてみるのも良い勉強方法です。

問題を説明させる

人に物を説明するには、そのことをしっかりと自分が解っていないとできません。

小学生の算数でも”なんとなく解いた”ではなく、問題を理解して「人に伝えること」ができればその問題を確実にクリアできたと言えます。

小学生 算数 勉強方法

文章問題や繰り上げ算などちゃんと理解しなければ解けない問題も、仮にうまく説明できなくても1つひとつ説明をすることで、詰まっている点を洗い出すこともでき弱点も得意なポイントもチェックできるのでおすすめです。

毎日問題を解く

結局最終的にはこの勉強方法が最適だと言えます。

小学生の算数はとくにやり方は決まっており、反復練習で正しい解き方を身に付け問題を解く行為にも慣れれば落ち着いて対処できます。

小学生 算数 勉強方法

このようにすればケアレスミスも減るはずです。

また毎日じっくりと様々な問題に取り組むことで、基礎力・応用力を鍛えることができます。

正解が出せたか?よりも、毎日取り組んだか、何が苦手なのか、などを重視し、その結果を基に対策をすることでしっかりと力をつけることが期待できます。

RISU算数では毎日問題を解けることもあって活用しています。

小学生の算数がよく身につく勉強方法③分野で考える

小学生の算数がよく身につく勉強方法③分野で考える

小学生の算数には主に、A「数と計算」B「図形」C「測定」D「データの活用」の4分野が存在します。

小学校高学年からC「測定」が「変化と関係」に変わります。

これらの4分野はそれぞれ独立・平行して学習が進められていくということ。

小学生 算数 勉強方法

また、これらの分野は中学校・高校と断続的に続いていき学年が上がるごとに内容が発展・抽象化していくため、小学校算数は必ず克服しておきたい教科です。

小学生の算数を学習していく上でまず一番のポイントとなるのは”彼らがどの分野でつまずいるのか”を把握することが重要かなと思います。

これらをきちんと把握することで効果的な勉強をすることができ、身につくと考えられます。

 

例えば、小学校6年生の算数で習う「文字を用いた式」という分野でお子さんが苦手意識を持つとします。

「文字を用いた式」という分野は先に述べたA「数と計算」という大きな枠組みの1つの分野で、この場合お子さんはA「数と計算」の分野の何かしらの知識・練習が不足しているために苦手意識を持っていると考えられます。

小学生 算数 勉強方法

したがって「文字を用いた式」よりも前に習った分野、ここでは小学校5年生で習う「数量の関係を表す式」。

また小学校4年生以下で習う”四則演算”を上手く復習すれば苦手が克服できるという訳です。

分野別勉強方法Ⓐ「数と計算」

この分野は主に式を用いた計算を学習する分野です。

この分野の知識は小学生の算数を学習するにあたって”最も基本”と言える分野なので、ぜひ得意になって頂きたい分野です。

具体的な勉強方法は簡単なドリルを用いた「反復演習」「100マス計算」です。

10ます~100ますの計算プリント 無料ダウンロード

特に「100マス計算」はオススメで、一度にたくさんの問題を解くため算数という教科に慣れ嫌悪感をなくすことにも繋がります。

さらに暗算力や集中力の向上が見込めるので、勉強のスタート時点でやると効果的です。

小学生 算数 勉強方法

これらの学習方法は無味乾燥なものではありますが、親子や友達同士で時間を競い合ったりするなど”ゲーム感覚”でやると楽しく学習できると思います。

また、注意して頂きたいのは「問題の難易度」です。

必ずお子さんの能力に等しい、またはそれよりも低い問題を用意してください。

100マス計算やドリルの性質上、一度に多くの問題を相手にします。

これらの問題がいちいち難しい物であると、テンポよく学習できずお子さんの数学に対する嫌悪感が増してしまいます。

お子さんに「楽勝、算数なんて簡単!」と思わせるのがポイントだと思います。

分野別勉強方法Ⓑ「図形」

この分野の勉強方法はシンプルで、定理・法則をきちんと理解し使えるようにすることです。

また、単位などの理解も必要です。

この分野でもドリルなどで多くの問題に触れること、が効果的な勉強方法です。

小学生 算数 勉強方法

小学校の算数で登場してくる図形には数に限りがありますので、色々な図形問題に触れることで自ずと得意分野につながると思います。

作図などに慣れておくのも効果的な勉強方法です。

この分野では公式、定理、法則などがしばしば出てきてしまいますので、多少の暗記が必要になると思います。

分野別勉強方法Ⓒ「測定」「変化と関係」

この分野では”時刻の計算”や”距離の計算”、またグラフなどA「数と計算」で出てきた内容を数式やグラフで表す分野です。

したがって「数と計算」に苦手があると苦戦してしまうかもしれない分野です。

小学生 算数 勉強方法

文章問題などがこの分野では出てきますので、問題文で書かれていることを”数学的に噛み砕いて式に表す”という力が試されている分野です。

文章を読んで理解する力を鍛えることが効果的な勉強方法です。

分野別勉強方法Ⓓ「データの活用」

この分野は他の分野に比べて比較的に簡単です。

小学生 算数 勉強方法

出てくる単語の意味を理解していればA「数と計算」の知識を利用して、簡単に解くことのできる問題ばかりです。

この辺りもすべてRISU算数では取り入れられているのでウチでは利用しています。

 

小学生の算数にはドリルがおすすめな理由と3つの勉強方法
小学生の算数にはドリルがおすすめな理由と3つの勉強方法

小学生の算数にはドリルがおすすめ、と私は断言できます。 なぜなら以前はウチの子供が算数が苦手でどうしようもなかったのですが、今ではその勉強方法を実践してさらに成績アップにもつながったためです。 だれで ...

続きを見る

小学生の算数がよく身につく勉強方法まとめ

小学生の算数がよく身につく勉強方法について、いくつか事例を踏まえてお話ししてきました。

ここまでをまとめるとこんな感じです。

小学生の算数がよく身につく勉強方法まとめ

①体や感覚で覚えさせる

  • 目で見て理解する
  • ゲーム感覚で楽しんでやる

②視点と根拠について考える

  • 国語の勉強をする
  • できるところまで戻る
  • 計算の因果関係を理解する
  • 問題を説明させる
  • 毎日問題を解く

③分野で考える

  • 「反復演習」「100マス計算」
  • 図形
  • 数式やグラフで表す
  • データの活用

ということでした。

この中でもとくに全体のベースとなる重要なポイントが「楽しさ」です。

小学生の子供に算数を教えるときに共通していえることですので、どんな取り組みを行っていても「楽しさ」だけはベースに置いて考えるとうまくいくような気がします。

小学生には”面白くなければやらない””楽しさがあれがやる”という本能のまま理解する部分がありますので、それを逆にうまく活かして算数の勉強に取り入れるのがおすすめです。

ウチでもこのような勉強方法を取り入れて教えていましたが、これらのポイントをウマく抑えているのがRISU算数だと思い今では子供も楽しみながら利用しています。

 

うちが今利用しているRISU算数のレビューです。

ここまで子供がハマって勉強をするタブレット学習はないと思います。

小学生 算数 勉強方法

↓ ↓ ↓

RISU算数の体験レビュー

 

-算数の勉強
-

Copyright© RISU算数の体験口コミレビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.