RISU算数が中学受験に極めておすすめといえる4つの理由

RISU算数の基礎知識

RISU算数を実際に、子供の家庭学習として利用してきた和歌です。RISU算数って中学受験にどうなの?と思われる疑問について、私がおすすめと感じた理由をお話ししようと思います。

アドバンス(中学受験基礎)モードがある

アドバンス(中学受験基礎)モードがある

RISU算数が中学受験におすすめといえる、もっとも大きな理由が「アドバンスモード」が搭載されているため。まさにRISU算数は中学受験に直結した算数学習ができます。

RISU算数には次のコース設定があります。

  • 低学年(1~3年)コース
  • 高学年(4~6年)コース
  • アドバンスモード

つまり普段の家庭学習では「低学年」「高学年」によって基礎を中心とした算数学習を行いつつ、中学受験が近づいてきたら「アドバンスモード」で本番さながらの総仕上げを行うといった流れ。

もともとRISU算数の問題内容は一部公文(くもん)式と似ている部分もあり、自分で想像して答えるといった特徴があります。

しかもRISU算数の場合はすべて文章問題なので読んで理解しないと答えることができず、サピックス(SAPIX)よりも論理展開が身につきやすいタブレット学習教材でもあるのが特徴。

RISU算数の文章問題

したがってRISU算数のアドバンスモードにとり組むことで中学受験はもとより、公文式やサピックスといった学習塾を凌ぐ内容で中学受験総仕上げが期待できるメリットがあります。

したがってRISU算数は中学受験にむけ極めて高いクオリティで総仕上げができるため、小学生にとって間違いなくおすすめといえる算数学習になると私は感じます。

無学年制で小学生範囲の算数をしっかり勉強できる

無学年制で小学生範囲の算数をしっかり勉強できる

RISU算数が中学受験におすすめと感じる、つぎに大きな理由が「無学年方式」の教材だから。学年枠に関係なく取り組めるため極めて効果的な家庭学習ができます。

一般的なタブレット学習教材というのは、学年制が用いられている場合がほとんど。

この学年制スタイルは現在の学年しか取り組めないため勉強できる範囲も狭くなりますが、RISU算数の「無学年方式」では学年枠を超越して”分野”で取り組めるため中学受験に極めて効果的です。

たとえば現在小学4年生の場合、6年生の範囲まで算数の勉強ができればいかがでしょう。

基礎からしっかりと勉強できて応用まで身につける時間は十分にあるため、より中学受験で有利になることは間違いないと私は感じます。

また逆にこれまでの「つまずき」へ対し、学年関係なく過去にさかのぼって自由に復習できる。

このようにRISU算数の無学年方式というのは「さかのぼり学習」「先取り学習」を自由にとり組めるため、どう考えてみても学年制を用いている教材よりも中学受験で有利になりやすいといった特徴をもつタブレット学習教材になります。

中学受験に必要な学力というのは、最低でも小学生全般の知識が必要。少しでも早く小学生範囲をすべて勉強できるため、かなり優位性の高い学習方法になると私は感じます。

基礎問題だけでなく「塾用教材に匹敵する応用」も学習可能

基礎問題だけでなく「塾用教材に匹敵する応用」も学習可能

RISU算数を実際に取り組んでみてわかったのが「基礎~応用まで徹底的に学習できる」ということ。

ほかに小学生向け通信教育というのも数種類さぐってみましたが、とくにタブレット学習教材でこの応用まで深く勉強できる教材というのはRISU算数がもっとも優れていました。

一般的な通信教育というのもドリル機能によって算数に取り組めますが、いずれにおいても基礎的な問題がほとんどで応用範囲まで勉強できる教材というのは見かけません。

通信教育で中学受験範囲までしっかりと勉強するためには塾用教材しかありませんが、RISU算数は塾用教材に匹敵するほど奥の深い応用問題をはじめ、さらに中学受験へ向け徹底的にとり組めるだけの問題数が搭載されています。

とくに中学受験の算数では「応用力」「瞬発力」が求められます。

応用問題を理解する力をはじめ、時間制限内に対応できる瞬発力養成を大きく期待できるのがRISU算数のシステムであると私は強く感じます。

こうした角度から考えてみても、RISU算数は中学受験におおすすめのタブレット学習教材ということがわかります。

動画サポートが学習塾レベル

動画サポートが学習塾レベル

RISU算数の大きな特徴として「動画サポート」があり、このシステムも中学受験にとって極めて有意義な効果を期待できる施策になっています。

一般的な通信教育のサポート体制というのは、基本的にメールやチャットでのやり取りになります。

もちろん文章でのサポートというのも中学受験にとって効果的ですが、さらにRISU算数のサポートは動画によって問題解消につなげるといった方式のためより効果的。

毎日の学習内容が自動的に共有されており、間違った問題などをサポート側が把握したうえで「いま改善すべきポイント」などを的確に動画にまとめて教えてくれます。

通信教育というのは家庭内による閉鎖的な学習スタイルになってしまうのでデメリットですが、RISU算数は動画サポートがあることによって学習塾レベルの補助をしてもらえることで中学受験に有利なタブレット学習教材です。

まとめ

今回は「RISU算数が中学受験におすすめの理由」について実体験からお話ししました。私が実際に感じたRISU算数の口コミとしてぜひ参考になさってみてください。

RISU算数は中学受験にむけた家庭学習として、かなり有効だと私は思います。

RISU算数が中学受験におすすめの理由

✅ アドバンス(中学受験基礎)モードがある

✅ 無学年制で小学生範囲の算数をしっかり勉強できる

✅ 基礎問題だけでなく「塾用教材に匹敵する応用」も学習可能

✅ 動画サポートが学習塾レベル

もちろん算数しか勉強できないため、他教科については別方法を考える必要があります。

しかしとくに「算数を徹底的に習得させたい」ということであれば、私はRISU算数も家庭学習に導入すべきと感じています。

それくらいRISU算数の中学受験に向けた効果は大きく期待できるので、少なからず取り組んでまったく損のないタブレット学習教材になるのではないでしょうか。

和歌

✅ こちらからRISU算数の無料お試し体験ができます。

https://risu-japan.com

(お申し込みクーポンコード「rss07a」をご記入ください。)

※また私の体験談はこちら。

RISU算数の口コミレビュー

タイトルとURLをコピーしました