RISU算数の体験でわかった効果・料金・タブレットなどの詳細情報

RISU算数体験して詳しい情報がわかったので口コミレビューします。

RISU算数 体験

こちらからRISU算数の無料お試し体験ができます。

https://risu-japan.com
(お申し込みクーポンコード「rss07a」をご記入ください。)

ちなみにRISU算数を体験させようと思ったのは、小学生4年生の子供がなかなか机に向かって勉強をしないため。少しでも勉強をしてくれればと思ってRISU算数を体験させることにしました。

RISU算数を体験しはじめてから、約1年が経過しました。

結論としてRISU(リス)算数の効果は上々で、

ウチの場合は成績がグンッと伸びたので「小学生におすすめのタブレット学習だった」というのが実感です。

具体的にいえば、算数の成績が「中」だったのが「限りなく近い上」になったという感じです。

  • RISU算数を体験させてみたいけど実際に使った感想を知りたい。
  • RISU算数がどんな学習のできるタブレット学習なのか知りたい。

そんな悩みをお持ちでしたら、ぜひウチのRISU算数を体験した口コミをチェックなさってみてください。

RISU算数の体験した口コミレビュー

RISU算数の体験した口コミレビュー

ちなみにRISU算数のCMです。

どんな教材なのかザッとした内容がわかりと思います。

RISU算数を約1年間体験した口コミレビューです。

まずRISU算数が届いたときの写真がありますので参考までに。

RISU算数 体験

RISU算数を契約して届く内容は至ってシンプルです。

  • RISU算数専用タブレット端末
  • 充電コード
  • タッチペン

あとは取扱説明書などがちらほら。

RISU算数に必要な機能はすべてタブレットに入っているので、とくに難しい作業もなくタブレット端末の電源を入れればすぐに始めることが出来ます。

まずRISU算数タブレット端末の電源を入れると、自宅のwi-fiにつなげるところからスタートです。

RISU算数 体験

スマホなどのWI-FI設定と同じように操作できるので、ここで迷うことはないと思います。

ちなみにタブレットのまわりが真っ黒になりましたが、これは画面が明るくて昼間なのにこんなコントラストになってしまいました。

あとはRISU算数専用タブレットの画面にしたがって操作をすればOKです。

RISU算数 体験

小学生で習う単元がすべて入っており、その単元に表示される問題をすべてクリアすればまとめテスト。

さらにまとめテストをクリアすれば次の単元へ進めるようになっています。

したがって勉強の順番が前後することなく、また飛ばして横着をすることも出来ないため確実な勉強ができます。

さらにこうしたタブレット学習では”選択問題”が多いものですが、RISU算数では当てずっぽうで答える問題は出てきません。

RISU算数 体験

たとえば筆算を例に取ってみると、このように数字を選んで枠を1つずつ埋めるようになっています。

これはRISU算数を体験してみて、もっとも小学生の勉強に役立つと感じた部分になります。

RISU算数 体験

このように答え枠に触れると、画面下の方に数字が並びます。

この中から適正な数字を選んで答え枠を埋めていく、といった流れで筆算の場合は完成させていきます。

したがって曖昧な答えでは正解することはほぼあり得ないため、きちんと計算の順序が頭に入っていなければ解くことが出来ません。

RISU算数は東大生のフォローで人気という口コミ評判を聞いていましたが、このように学習内容についてもしっかりとした作りになっているため親としては安心かと思います。

他の問題も同じように選択式ではなく、きちんと順序隔てて考えないと解けないようになっています。

RISU算数 体験

つまりRISU算数は「穴埋め問題」を中心とした構成になっているタブレット学習ということ。

穴埋め問題であれば曖昧な答えでは正解にならないため、小学生の家庭学習をよく考えて構成されているなと思います。

このように問題を解いていき、正解すれば次の問題に進めます。

そして単元の最後にはテスト問題にチャレンジして、そこでも正解をすれば次の単元に進めるといった流れです。

 

また、とくに長文などで必要になる「メモ書き」についてですが、これも安心してください。

RISU算数 体験

このように「画面内の空白部分」にタッチペンでメモ書きができて、上の方にある”メモを消す”ボタンでメモだけを一括消去できます。

タッチペンの先が丸いため問題が多くの範囲を占めている場合は書き込みにくいですが、かならず少しのスペースは設けてありますのでメモ書きできないということはないはずです。

 

うちもRISU算数を体験する前に、ほかの通信教育も試しました。

RISU算数以外に体験をしたタブレット学習にはつぎのようなものがあります。

  • 通信教育すらら(株式会社すららネット)
  • 通信教育デキタス(城南進学研究社)※城南コベッツの会社です
  • スタディサプリ小学生講座
  • スマイルゼミ
  • 進研ゼミ小学生講座

このようにRISU算数を含めてトータル5社のネット教材を体験しましたが、もっとも小学生の自宅学習に最適だったのがRISU算数でした。

なぜなら、こういった理由があったためです。

RISU算数の強み

  • 問題を解いて正解しないと次に進めない。(これはRISU算数だけです)
  • 東大生を中心とした学生のフォロー動画が送られてくる。(そのときに動画撮影をしています)
  • かなり掘り下げた問題まで搭載されている。
  • 算数に特化しているため説明などが詳しくよくわかる。
  • 遡りや先取りが自由にできる。

もちろんほかの通信教材にも強みはありますが、ウチの場合は小学生の算数だけに特化したかったためよりピッタリの内容になったと思います。

国語と英語については語学なので多少の遅れがあっても取り返すことが出来ますが、算数だけは遅れてしまうと取り返しにくい積み上げ学習です。

そこでウチは算数に特化した通信教育であるRISU算数を体験して、

希望する内容と合致していたため選んだというわけです。

RISU算数 体験

もし小学生の子供が算数を苦手で”学習塾へ通わせよう”とお考えであれば、RISU算数での家庭学習だけでもかなりの力がつくと思います。

ウチの場合はRISU算数のみで成績にも変化が出たため、今でもRISU算数を続けることが出来ています。

もし小学生の算数を通信教材でとお考えであれば、私はRISU算数の内容があまりにも良かったので間違いなくおすすめしたいと思います。

RISU算数 体験

RISU算数の無料体験クーポンコード

https://risu-japan.com

 

RISU算数はお試しできる?

RISU算数はお試しできる?

RISU算数をお試し体験したい場合は、こちらから無料体験クーポンでお試しが出来ます。
(お申し込みクーポンコード「rss07a」をご記入なされば1週間のお試し体験ができますので、ぜひ有効にお使いになってみてください。)

もし本契約をするのであれば、そのままタブレットを返却せず持っておけば自動契約になります。

ウチはこのキャンペーンでRISU算数を1週間お試し体験をして、そのまま本契約に移りました。

ただし返却をする場合は、送料・保険料として登録したクレジットカードより1,980円(税別)を支払う必要があります。

お試しといっても1,980円の料金がかかるため完全無料とは言えませんが、それでも子供のためと思えば安いものかと思います。

 

RISU算数の効果

RISU算数の効果

RISU算数の効果について口コミをしていきます。

ウチが実感したRISU算数の効果にはこんなものがあります。

  • 確実に理解のできる工夫による成績につながる効果
  • 算数に興味が持てるような、解くことの”楽しさ”を感じることのできる親近感の効果
  • 場所や時間を選ばず勉強できる時間効率アップ効果

いずれの効果もそれぞれが一体となって、結果的に子どもの成績に直結したといった印象です。

これらの効果を実感できたのは、つぎのような仕組みがあったためです。

RISU算数のステージ

RISU算数はステージ制によって次のステップに進めるようになっており、レベルアップするたびにコインがもらえてプレゼントをゲットできるといった楽しみも勉強効果につながりました。

RISU算数タブレット端末には低学年・高学年で合計94ステージがあり、1ステージにはおよそ75~100問の問題が入っています。

これがプレゼント画面です。

RISU算数 体験

算数の成績アップにと思って始めたRISU算数でしたが、このようなプレゼント機能があることによってより勉強効果がアップすることが分かりました。

いくら勉強といっても子供なので、こうしたプレゼントというのは勉強意欲をアップさせるためのよい考え方だと思います。

本当であれば親の方が考えるべき部分ではありますが、頑張った分(ステージアップ)のご褒美を代わりに与えてくれるので親としてはかなり助かった機能でもあります。

RISU算数の先取り学習が効果的

RISU算数は先取り学習ができることでも、子供へ”解く楽しさ”を与えることが出来たのかなと思います。

実際に1年間ほどRISU算数を体験させていますが、この体験の中でもっとも子供にとって有意義だったのが勉強の楽しさ(解く楽しさ)を理解できたことです。

RISU算数 体験

これも先取りを出来ることによって「次に進んでご褒美をもらいたい」というモチベーションアップにつながり、自らすすんで勉強に取り組めたことが原因ではないかと思います。

それまでは自ら勉強に取り組むといった姿もありませんでしたが、RISU算数を体験し始めてからは勉強に対する態度が違ってきたように感じます。

RISU算数で算数検定に興味を持ったのが結果につながった

RISU算数はドリルなどと違い、その場で瞬時に正誤がわかります。

したがって子供の中では先取りなどを意識することなく、自然と先の問題にも取り組め宇rことができるタブレット学習です。

そんな生活を続けていたら、これも自然と算数検定にも興味を持つようになりました。

RISU算数 体験

算数検定はリス算数を始めて約半年ほど経ったころに興味を持ち始めて、そのまま算数検定の教材などを購入しなくてもRISU算数だけで合格へつなげることが出来たのが自信につながったようです。

算数に余裕ができ始めると、今度はほかの教科(国・英・理・社)なども余裕をもって取り組めるようになります。

これもRISU算数を始めたことによる大きな効果だったと今では思います。

小学生の算数にはドリルがおすすめな理由と3つの勉強方法

RISU算数の料金

RISU算数の料金

RISU算数の料金設定は特別で、クリアするステージによって追加料金がかかります。

RISU算数の料金は次のように設定されています。(すべて税別)

1ヶ月の基本料金2,980円
タブレット料金無料
進捗状況追加料金進み具合
1ステージ未満/月クリア0円普通
1.2ステージ未満/月クリア980円やや速い
1.7~2ステージ未満/月クリア2,980円学校の1.3~1.5倍
2.5ステージ未満/月クリア5,480円学校の1.9倍
3ステージ未満/月クリア8,980円学校の2.3倍

先取りをするほど追加料金が発生しますが、上限はMAXレベルの8,980円までです。

ただしムリな請求がされることはなく良心的ですので、ぜひ安心してどんどん勉強をさせてあげてください。

学習塾やほかの通信教材ではこのように先取はできませんが、こうした取り組みもRISU算数の勉強効果アップにつながるメリットになるかと思います。

RISU算数は高いと思われるかもしれませんが、学習塾などと比較すると大幅に安く取り組めます。

無料でできる「安心サポート」も入った方がいいです

無料(¥0)で東大や早慶のチューターによるレッスン動画が届く「成績アップ支援サービス」がついてきますので、この安心サポートにはお入りになった方がいいかと思います。

またこのサービスに入ると、タブレット破損時の負担が本来であれば24,000円➝5,980円(送料込)になりますので間違いなくおすすめです。

幼児向け料金「RISUキッズ」

ちなみにRISU算数は幼児(年中後半~年長向けレベル)もあり「RISUキッズ」といいます。

RISUキッズの料金はこのようになっています。

1ヶ月の料金2,480円
タブレット料金無料

RISU算数の料金のように追加料金は発生しません。

もし兄弟などがいらっしゃれば、このRISUキッズを利用されるといいかと思います。

ただし契約時に年額一括12ヶ月分29,760円を支払う必要があります。

もしRISUキッズの範囲が終了すれば、自動的にRISU算数へ移行しますので再度契約更新をお考え下さい。

RISU算数は中学生でも使える?

RISU算数は幼児~小学生向けのタブレット教材ですので、中学生の範囲はサポートしていません。

ただし発達障害などによって学力がその範囲であれば、私はRISU算数は有効に使える教材だと思います。

塾などに通うのが困難であればRISU算数をお考えになってみてはいかがでしょうか。

【やってわかった】小学生が理解しやすい算数の教え方

RISU算数の解約

RISU算数の解約については以下の通りです。

  • RISU算数の解約はメールまたはマイページから受付しています。
  • RISUカスタマーサポートより「中途解約」「満了解約」のいずれかをご選択・最終ご確認いただくメールをお送りいたします。
  • ご契約期間満了での解約は、契約終了日の30日前までに弊社までご連絡ください。
  • また、 契約期間中の解約については、お申し込み頂きました月の月末で契約終了となり、翌月より適用されます。
  • 解約手数料が発生することはございません。また、残期間の基本料の払い戻しもございません。

ちなみにRISU算数の解約しても、タブレット端末を返却する必要はありません。

タブレット端末はもらえますのでその後は自由に使うことができます。

RISU算数の販売店情報

社名RISU Japan株式会社
現住所〒113-0033 東京都文京区本郷3-21-8 ケイアイビル6F
役員代表取締役 今木 智隆
事業内容教育事業

RISU算数のメリット・デメリット

RISU算数のメリット・デメリット

RISU算数を実際に体験してみて、メリット・デメリットを感じたのでご紹介します。

体験して分かったRISU算数のデメリット

  • 算数以外の教科は取り組めない。
  • 先取り学習をするほど費用が高くなる。

この2点についてはRISU算数のデメリットかなと感じました。

そもそもRISU算数は「小学生の算数」に特化したタブレット学習なので、算数以外の教科について語るのは本末転倒とも思います。

したがって将来的に考えたときに、算数以外の教科も勉強させようと思えば”別の学習方法”で取り組む必要があります。

またRISU算数のデメリットとして先取り学習をするほど費用が高くなる部分に関しては、ほかのタブレット学習ではいくらでも先取り学習ができて料金は変わらないのでやや難を感じる部分です。

体験して分かったRISU算数のメリット

  • 算数に関しては小学制の範囲をすべて網羅できる。
  • 他のタブレット学習では取り組めない”深い部分”まで学習できる。
  • 本物の東大生クラスの大学生が動画でフォローアップしてくれる。
  • 勉強する家庭が細かく”段階的”になっているので頭に入りやすい。
  • タブレット学習でよくある書き込み時のややこしさがなく「直感」で書き込める。
  • 問題をクリアしないと先に進めないので適当な回答ができない。
  • 問題と答えから方法を探るのではなく途中経過がきちんと説明されている。

この中でもRISU算数でもっともメリットと感じたのが「段階的で頭に入りやすくクリアしないと先に進めない」です。

また「途中経過がわかる」という部分も大きなメリットになると思います。

RISU算数のデメリットで述べた項目はいずれも”直接的に小学生の算数に関係ない部分”でした。

しかしRISU算数のメリットで感じるのは「成績アップにつながる部分」なので、デメリット以上にメリットの効果が大きいタブレット学習になるかと思います。

結論としてRISU算数はデメリットよりも「メリット」のほうが大きい通信教育というのが感想です。

RISU算数 体験

RISU算数の無料体験クーポンコード

https://risu-japan.com

RISU算数がおすすめな家庭とおすすめではない家庭

RISU算数がおすすめな家庭 おすすめではない家庭

RISU算数がおすすめでないのはこんな家庭です。

  • 算数以外の教科にも取り組めるタブレット学習を探している。
  • タブレットよりも紙に書かないと勉強ができない。
  • 目が悪くなりそうでタブレット教材に不安がある。

RISU算数は算数に特化したタブレット学習ですので、ほかの教科は勉強することができません。

さらにタブレット内ですべて取り組めるよう構成されていますので、紙に書かないと落ち着いて勉強できないという場合にはおすすめではありません。

RISU算数は目の安全に最大限配慮してあり、ブルーライトを軽減する配色、一般のタブレット教材によくあるゲーム類は一切ありません。したがって目に優しい対策はしてありますがそれでも気になればおすすめできません。

RISU算数がおすすめな家庭

RISU算数がおすすめなのはこんな家庭です。

  • 算数を学習塾に通わせたいけど時間などの都合がつかない場合。
  • どんどん算数の先取りをさせたい場合。
  • 小学生の算数を掘り下げた範囲まで勉強(網羅)させたい家庭。
  • 通信教育のフォロー体制に不安を感じている家庭。
  • 学習塾の費用が高くてお悩みの家庭。

この中の1つでも当てはまれば、RISU算数は最適な選択になるはずです。

いま抱えている悩みがすべて解消できるかと思います。

 

ウチがRISU算数を初めて約1年経過しますが、子供の成績は明らかに違ってきています。

もちろん各家庭で使い勝手などの面において個人差はあると思いますが、RISU算数の内容からすれば成績につながって当然の効果かと思います。

したがって、タブレット端末に慣れるかどうか?

これが大きな課題になるかと思いますので、もし紙上でなければ勉強がしずらいということであればおやめになった方が賢明です。

RISU算数 体験

ただしRISU算数を体験なさればお分かりになると思いますが、学習効果についてはこれ以上ないほど効果的なものです。

さらに東大生らの動画フォローも格好だけではなく、きちんと子供が取り組んだ内容をチェックした上で動画を撮るというもの。

ウチも通信教材をほかに体験しましたが、本当の意味で子供が理解できる教材と考えるとRISU算数に落ち着きました。

その上できちんと結果も出ていますので、まず間違いのない教材かと思います。

子供が自ら”タブレットの電源をつける”といった”「勉強への自主性」も見られたので、勉強に取り組めない小学生には効果的な教材になると思います。

もし算数の成績でお悩みでしたら、ぜひRISU算数を体験なさってみることをおすすめします。

RISU算数

https://risu-japan.com

 

更新日:

Copyright© RISU算数の体験口コミレビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.